パソコンを使用している女性

中古ドメインを取得する際には、さまざまな判断基準によって選んでいく必要があります。
中古ドメインの主な評価には被リンクの数が見られますが、被リンクの数がただ多ければ良いというわけではありません。
被リンクの数がたくさんあったとしてもその被リンクの質が低品質であればそのリンクの効果には期待ができません。

一方で、被リンクの数が5本しかついていないけれど、そのリンク1本1本に十分なリンクパワーがあれば簡単に上位表示ができてしまうこともあります。
同じ数の被リンクであったとしても、そのリンクにはさまざまな観点から評価がされているために、ただ数字を眺めるだけでは中古ドメインの取得はできないということです。

そして次に重要となってくるのが過去にその中古ドメインがどのように運営されていたかどうかについてです。
ドメインの過去の運用履歴を見れるサイトを見て、正しく健全に運営されていたかどうかを見極めます。

もしここでアフィリエイトサイトや、低品質なコンテンツしか投入していないサイトであることがわかれば、それを取得するのは避けたほうが良いでしょう。
特にアフィリエイトサイトの場合、良いリンクがついていて捨てられている場合は、更新を忘れた可能性もありますが、ペナルティを受けてしまって捨てられているサイトである可能性が非常に高いです。
そのため、被リンクを見るだけでなく、そのサイトの運用履歴を見ることは非常に大切なことであり、ハズレをひかない防衛策であるとも言えます。

また被リンクの質を確かめるためにも、被リンクが調査できるサイトを使って調べることも忘れないようにしましょう。
被リンクの質を確かめるためにはリンク元の閲覧ができるツールやサイトを使用します。
そしてその被リンクの質が良いものであるとわかってからようやく取得しても良い選定ラインを超えます。
被リンクの数だけを見て取得してしまいがちですが、中古にはあたりハズレが多いため、ハズレをひかないようにするために、その被リンクの質を確かめるためにリンク元のサイトを目視したり、その中古がどのような運用をされていたのかなども見て判断する必要があるということです。
中古にはあたりもありますが、ハズレも多く存在するため、目視による作業は欠かせません。
それなりに中古の取引をして経験を積まなければ、良いもの悪いものの判断はつかないものです。
まずは数を購入してどれが良いのか、悪いのかを感覚的に学んでいく費用も最初は必要になってきます。