パソコンを使用している女性
  • ホーム
  • パソコンごとの中古ドメインと日本語ドメインの違い

パソコンごとの中古ドメインと日本語ドメインの違い

パソコンを使う男性

SEO対策を講じるために中古ドメインを使うこともあるでしょう。
過去のサイトが受けている被リンクをそのまま引き継いで使えるためサイトを作り始めた時からドメインエイジが一定以上あるので、上位表示がスピーディしやすいと言われています。

また新規ドメインを購入するときに日本語ドメインを選ぶ方も少なくありません。
検索結果に日本語のドメインがあるとインパクトがありますし、現在はSEOにも効果があると言われています。
日本語ドメインにキーワードを盛り込んで、上位表示につなげるという方も少なくありません。
中古ドメインや日本語ドメインを上手に使い分けることでサイト戦略を有効的に使うことができるわけです。

日本語ドメインと中古ドメインを比べてSEO効果が高いのはどちらかという観点で2つを評価するなら中古ドメインでしょう。
しかし過去のリンク状況が良好であること、これから作るサイトが前のキーワードと酷似していること、リンクが今も残っていることなど理由がいくつか挙げられます。

また外国のドメインを購入した時はグーグルからすれば違うパソコンで操作されていることがわかってしまいます。
サイトの運営者が新しくなったと判断されれば、リンクの効果や過去のコンテンツ評価が一新される傾向があるわけです。
ドメインを購入するにあたってこれからのサイト戦略とマッチしたものを選ぶことが大切です。
アンカーテキストと今のサイトがマッチしていれば、普通にリンクを送るよりも高い効果が得られる可能性もあります。
ドメインの選定を間違えなければ、上位表示にも繋がりやすいのでバックリンクの状況を確認しながら自分にあったドメインを選んでください。

バックリンクを調べるのであれば、お勧めはAhrefsです。
月額99$と少し高めのツールではありますが、バックリンク数、ドメイン数、アンカーテキスト、オーガニックキーワード、検索ボリュームなど様々な情報を得ることができます。
リンク先のドメインランクやレーティングも確認できますし、PPC広告に使っているキーワードまで調べることが可能です。
一つあれば中古ドメインの選定や競合調査、ジャンル選び、キーワード選定にも役立つので非常に便利なサービスとなっています。
日本語ドメインや英字ドメインも同じように調べることが可能です。
月額料金以上に得られるものが多いので、それなりの費用は必要となりますが、是非お勧めしたいツールとなっています。
上手に活用してサイトの上位表示に役立ててください。