パソコンを使用している女性
  • ホーム
  • 中古ドメインと巨大webヤフーとポートについて

中古ドメインと巨大webヤフーとポートについて

中古ドメインとはその名の通りドメインが一同契約されていたものが解約され、その後にもう一度契約されて使用されたものです。
ドメインとは先述の通り、1年ぐらいのスパンで契約更新されるものでwebページ(ホームページ)を運営する時に必要なものです。
大きいものではYahooJapanのyahoo.comや、Googleのgoogle.comなどが有名です。
その一度解約されたドメインは様々なメリットがあり中古市場にもかかわらず高額で取引されています。
その主な理由が中古ドメインにしかない特別なメリットが大きいからです。
一番のメリットと言えばSEOと言う検索時の上位に表示される優先順位に対する対策です。

SEOで上位にくる条件として、まずはそのドメインを使ってwebを運営し始めてから時間が経てば立つほど検索の上位に来るという事です。
ドメインエイジが古く昔からずっとあるものだとより上位に表示されやすいという事なので、その点で新規ドメインが中古ドメインを超えられない大きなメリットになります。
また、中古ドメインで昔使われていたwebサイトの被リンクの情報がそのままのこっていることです。
SEOの対策の一つで被リンクの数で上位にくるというものがあるので、それも中古ドメインのメリットになります。
ただ、前のユーザーの情報が残っていて中国系のドメイン会社になると個人情報の漏洩などのトラブルにもつながるのでドメインの選定には注意する必要があります。

ポートとは、webサイトからサーバーへ、サーバーから端末へと情報をやり取りする時にその情報を出し入れする名前の通りの港の役割をします。
webサイトとサーバーのポートは常に開かれていて固有番号で設定されている事が多いのですが、端末とサーバーのポートはセキュリティ面で常に入れ替わっている状態で一度開けられると次に開けるときは別の番号で設定されているという仕組みです。
ポート番号を制限することでアクセスされたくないドメインをブロックすることができ、よりセキュリティや個人情報の保守のレベルを上げることができます。

巨大webサイトであるヤフーも先述の通り、一つのドメインです。
あれほど大きくアクセスも多いwebサイトを運営するためにはまずは大きなサーバーを管理し、そこのポートを広く数多く管理する必要があります。
個人運営のwebサイトならばここまで大きな設備を必要とはせず、レンタルサーバーを使用する事で運営することができます。